トップページ > ブログ

チャラさ加減いい感じっすか?

こんにちは『sugar』です

 

ようやく暖かなり春めいてきましたね

Sugarも気分転換を兼ねて春仕様にする事に

 

友人の勤めている所で髪をカットしてもらいました

 

友人『俺、今日忙しいからこの子に担当してもらうわ』と

 

スタイリストに成り立てのかなり若いお兄ちゃん。

 

「よろしくお願いしますー。」

のっけの一言から相当なチャラさ。

 

「まぁ、どこにだってチャラい兄ちゃんの一人や二人はいるもんさ」と私。

 

「サイドはかなり攻めちゃってもだいじょうぶな感じっすかねーー?」とチャラさにチャラさを重ねたような口調の兄ちゃん。

カットが始まるとチャラさのギアを上げてくる。

 

「sugarさんお仕事は水商売系の方っすかーー?」から始まり「休みは何してる系っすかーー?」

 もはや、~系の使い方すら意味不明な感じ

その後も唐突な質問の連続攻撃が始まり

 

「平凡なサラリーマン系だよ」と言い貸しては見るものの

 

「ハハハ、何言ってんすかsugarさん面白いっすね~~」と

なぜか彼の笑いのつぼに触れてしまい

 

寝たふりすらさせてくれないチャラ攻めに遭い

もはやへとへとの私(――;)

 

この戦いもようやく終焉を迎え

「カットした髪を流しますねーー。」と招かれたシャンプー台。

イスをリクライニングして、いざ流し始める。

途中「チャラさ加減いい感じっすか?」と言う兄ちゃん。

「うん?」「チャラさ加減?」と私。

「つーかチャラさのバロメーターこっちで決めていいの?」と思いながら

ここで数秒の瞬間に今の言葉を反芻…

兄ちゃんはおそらく「力加減いい感じっすか?」と聞いたはずだと予想して

「だ…大丈夫です。」と私。

コトなきをえて無事シャンプーが終了。

もう、トゥルルさまぁ〜ずのコントのようなやりとり

へとへとになった私は、早く帰りたい気持ちを抑えながら

一服してると

友人が「どうだった新人君は?」と謎の笑顔

「あの兄ちゃん大物になるかもね」と大人の会話で談笑しながら。

ふと、もし今 有吉が憑依してきたら一言

『おしゃべり〇〇〇〇』と言うだろう

 

忘れられない誕生日の思い出でした

 

ではまた・・・

 
Copyright © 2010 Elm Kensetsu Co.,Ltd. All Right Reserved.